美容のためにシートマスクを活用しよう

夏の時期には冷えに対する油断が女性の中にはあり、夏冷えによって腸内環境が崩れてしまい、代謝や血流などの巡りが滞りやすくなり、結果的に便秘を招きやすくなり、肌トラブルに結び

夏冷えに勝つ食による美容法

美容のためにシートマスクを活用しよう 夏の時期には冷えに対する油断が女性の中にはあり、夏冷えによって腸内環境が崩れてしまい、代謝や血流などの巡りが滞りやすくなり、結果的に便秘を招きやすくなり、肌トラブルに結び付いてしまいます。男性と比べて、筋肉が少なくて脂肪が多い女性は冷えやすい体質でもあり、美容目的でのダイエットにおいても基礎代謝が少なく、脂肪を燃焼させるための新陳代謝も低下しているため、痩せにくいのも特徴です。こうした冷えを改善させる一工夫によって美肌や健康美を作り出すことが可能となります。

夏冷えの原因には、腸内環境が挙げられています。悪玉菌が増殖してしまうことによって便秘になり、巡りが滞りやすくなります。巡りは肌荒れや黒ずみなどの肌トラブルを増やしてしまいやすく、年齢肌の原因にも繋がってしまいます。夏冷えの見分け方として、体温が平均36・3度以下である場合や、お腹に手を当てると冷たい場合には注意が必要です。腸内環境を整えるためにポイントとなるのが乳酸菌で、腸内には3万種類以上の細菌が生息しており、この細菌は元気や美しさの材料となる善玉菌と悪玉菌に分けられています。善玉菌の代表格である乳酸菌は食事から手軽に摂取できるのが魅力で、ヨーグルトや納豆などの発酵食品を取ることで善玉菌が優勢な環境を作ることができます。また、乳酸菌のエサとなるオリゴ糖を同時に摂取することで効率良く善玉菌を増やすことができ、吹き出物ができない美肌づくりが可能です。

注目の情報